墨の製造工程

墨には、菜種、胡麻、桐の油を燃やして採った煤から製する「油煙墨」、松脂(まつやに)を燃やしての「松煙墨」があり、最近は鉱物の煤から製する墨もあります。
なかでも「油煙墨」は、粒子が細かく、黒さが深く、光沢の強い良質の墨です。油煙墨は室町期に興福寺のニ諦坊で、持仏堂の灯明の煤が天井にたまっているのを掻き集め、これをニカワとまぜてつくったのがはじまりです。
当園では、代々継承した秘伝によって、上質の油煙墨を守りつづけています。

製造工程 採煙

1.採煙

純植物性油を土器に入れ、藺草(イグサ)でつくった芯に火をともして土器の覆いをかぶせ、その内側についた煤煙をとります。煤のつき方が偏らないように20分おきに土器を回していきます。火の加減、油の量にも気をつかう非常に繊細な作業です。

製造工程 膠溶解

2.膠溶解

上質の膠を深さ30cmほどの「たんぽ」と呼ばれる銅壺に入れて、70度のお湯で時間をかけゆっくりと湯煎をし、膠の溶かした液を作ります。

製造工程 配合・練り

3.配合・練り

丹念につくられた煤と膠の溶液を100対60の割合でよく混ぜ合わせ、この時香料も入れてよく練り上げます。この練り具合で墨の生命が決まります。

製造工程 型入れ

4.型入れ

墨の文字、図柄が彫ってある梨の木で作られた木型に、光沢の出るまでよく練られた墨を型入れします。墨の一丁形の目方は15gですが、木型に入れる時は、まだ墨玉に水分が多く含まれている為、約25gとなります。

製造工程 灰乾燥

5.灰乾燥

木型から取り出した墨は、第1日目は水分の多い湿った木灰に埋め、2日目以降は徐々に水分の少ない木灰に埋めかえていきます。この灰乾燥は小型のもので1週間、大型のもので30日〜40日程度続けます。

製造工程 自然乾燥

6.自然乾燥

灰乾燥が終わり、約7割の水分が除かれた墨は、藁で編んで天井から吊るして室内(自然)乾燥をします。通常約1ヶ月〜6ヶ月を要します。

製造工程 磨き

7.磨き

自然乾燥を終わった墨は表面に附着した灰を1丁ずつ水で洗い落とします。その後炭火で焙り、微に表面を柔らかくして蛤の貝殻で磨き、美しい光沢を出します。

製造工程 彩色

8.彩色

丹精込めてつくられた墨は、更にしばらくの間、自然乾燥した後金粉や銀粉またいろいろな顔料を用いて彩色します。独特の特徴ある墨の紋様もこの彩色でより美しく鮮明にあらわれてきます。



Copyright© 2010 古梅園 All Rights Reserved.